探すことがあって、2012年の2、3月の日記を読んでいた。東日本大震災から1年ぐらいのころで、まだ余震が頻繁にあり、世の中も落ち着かない雰囲気だったようだ。

 

今読み返してみて驚いたのは、自分がたびたび地震津波の夢を見ていることだ。いわゆる予知夢みたいなものだが、「20」とか日付がはっきりしていたりする。あるいは、「渋谷直下型」みたいなテロップが出る夢とか。

 

2007年に見た原発事故の夢が、4年を経て、「正夢」だったということがわかってから、自分のなかで夢の位置付けが変わったようで、これらの夢に翻弄されて、不安になったり、恐怖を感じたり、さらに避難行動をしたり、いろんなことをしていることに、今更のように驚いた。原発の夢の「当たり」が引き起こしたともいえる。

 

結局、たくさん見た、これらの夢で”当たった”ものはなかった。ひょっとすると、もっと長いスパンで実現するのかもしれないが、とりあえず「日付」のあるものは、ハズレであった。

 

多分、ここまで動揺が酷かったのは、当時は拘束される仕事がさほどなかったので、自由がきき、余計に、避難などを具体的に考える条件が揃っていたのだろうと思う。軸足を失っていたともいえる。

 

ある意味、地震自体より、風評や無意識の世界に翻弄されるほうが、数倍「恐ろしい」と感じた。現実に起こることは限定的だが、予知や不安は際限なく広がるからである。

これを通り越してもまた次が…と考えてしまう。

 

つい数日前も、キノコ雲の夢を見たりした。

 

今の食事や引きこもり、カーテンの閉め切りにしても、親族の奴隷になってしまうからということなのだが…。そこが不安で、また、少ない食事に戻して、それなりに落ち着いているが、もちろん決して快適ではない。

 

今日読んだ震災の頃の自分の「心象風景」と今の状況が似ていて、ある意味ぎょっとしたことは事実。親族の奴隷云々というのは、ある部分は、あまりはっきり物を言わない自分の性格から可能性として考えられる上に、さらに、家族の力関係で私が潜在的に持っている不安が投影したものとも説明できる。

 

でも、「見えない世界」の存在をある種感じる自分は、それだけでは説明できないものもたしかにあるような気がするのであるが(ガイダンスはそれをある種の運命的な力、慣性のような力として捉えているようだが)、行動するにあたって、それを信じきることもまた難しい。それに、現実社会とどうしても齟齬が出てくる。

 

 ある程度、参考にする、というのがバランスのよいところだろうか。

 

 

 

 

ガイダンスに従って、大量の洋服やら雑貨、書類などを処分して、とてもすっきりしているのは事実。家具などを除けば、家のなかのものは半分ぐらいになったのでは。

 

それでも、三ヶ月続けた食事の制限がたたってというべきか、極端な空腹が続いたので

血糖値がおかしくなったのか、食欲が亢進したり激減したり、不安定になった。

 

外の見えない部屋に閉じこもっていることはなんとか続けられるとしても、食欲というのは根源的なものなので、これ以上はもう無理かな、と最近思ったりする。糖の異常や、摂食障害になったら、怖い。

 

けれど、それをやめれば親族が押しかけてきて、絡め取られて、自由がなくなってしまうというのがガイダンスの言うことなのだけど。半信半疑である。

 

実際、夢で見たコンクリートミキサー(家をつくるという意味か)がこのあたりを走っていたりすると、やっぱりそうかな…と思ってしまったり。しかし、それは、私の「恐れ」が呼び寄せるものなのか?夢が知らせるから、却って恐れるようになってしまうというパラドックス。予言の自己成就と似ている。

 

結局、夢の言うようには母は亡くならず、明日退院する。私は付き添いや立ち合いはしない。人手に渡す、ことが少し進歩といえるかな。

 

 

こんなことを書くと荒唐無稽と思われるかもしれないが、毎夜夢でガイダンスを与える「存在」が、自分のなかの特殊な意識なのかとか、いろいろ考えていたのだが、ふと思ったことがある。

 

これは地球外のものでは?

 

「存在」の言っていることはシビアだが正鵠を得ていることが多いけれど、ひとつ特殊なのは、「水」を忌避していること。だいたいスピリチュアルな存在は、浄めの意味もあって、「水」を重視というか、大事なものとしているのだが。

 

当初から、不思議に思っていたことだ。浴槽を使うこととか、「濡れる」、雨、とくに雪はよくないものとされている。水分の摂取も抑制されているし、夢のなかでも、水が流れているのは、よくない象徴だ。

 

ガイダンスに従って、七夕の提灯をつくって「ランタン」として吊っているが、その際も、濡れない紙、ワックスペーパーでつくるというのが指定だった。

 

水の忌避はなんとなくひっかかるところだったが、さっきぼんやりと考え事にふけっていたとき、「そうだ、水がないところといえば…。これは地球のものではないのでは?」と閃いた。

 

人間でないのはたしかだが、鋭い洞察力、私の過去の持ち物の細かいものまで知っていたりする記憶庫も持っており、ひどく現実的で、皮肉やブラックユーモアみたいな表現もあるが、情緒や体温みたいなもの、夾雑物を一切感じさせない無機質さ、とか、

これはもう、地球外生命体としか言えないかもしれない。

 

 

 

 

今日は母のお見舞いに行ってきた。お見舞いもあるが、はっきりと確かめたいことがあったからである。

 

母が”おともだち”と私の関係を本当のところ、どう思っているのか、確かめるという目的が第一だった。

 

母が”おともだち”と私の関係を阻害しているというのが夢でのストーリーなのだが、それは私の無意識の反映みたいなもの(妨害されている)なのか、それとも本当にそういうなのだろうか、と。

 

驚いたことに、全然反対しているというわけではないという。それどころか、私が、”おともだち”が近い将来帰ってくるのであれば、”おともだち”と一緒にO市で暮らしたい、それが私の望みなのだという話をしたら、”おともだち”はいつになったら帰ってくるの?自分の歳(86)になってみると、本当に光陰矢のごとし、人生なんてあっと言う間に終わってしまうものだから、新しい生活を始めるのだったら、早い方がいいと、言うのだった。

 

母の入院では、後見人団体がすべて面倒を見てくれたので、私は何もしなくてもよかった。私はもはやここにいなくても大丈夫ということがよくわかった。

 

今日はちょうど医師の回診があったらしく、こんな風になって長生きするのも大変で、

早くあちらに行きたいみたいな話もしていたらしい。1週間の入院で足腰も弱って、

脳梗塞とはいえ、手足の麻痺とかはないが、呂律がちょっとおかしいのが後遺症といえば後遺症。

 

私は、自分の恋愛に関してはなかなか率直に話できるほうではないので、忖度やら推量ばかりで、母が反対しているとずっと思っていたのだったが、そうではないという。第一、ウチにも来たからどういう人かもよく知っているわけだし、ということであった。

 

夢や無意識のメッセージに過剰反応をしていたことを、改めて、怖いな、と思った。

そういう私の「意識」がさらに現実を歪めていろんな反応を引き出していたのかもしれない。

 

母が死ななければ自分には自由がない、というのは、多分無意識の領域から出てきた強迫観念だったのだろう。それが夢に反映していて…。

 

私は肝心のことがなかなか言えない性格。が、”おともだち”にもはっきり言わなければならないな、と思った。

 

”おともだち”には帰ってきてほしい、一緒に暮らしたい、と。

 

 

 

 

 

 

早く寝るので、深夜に目覚めることが多い。深夜に目覚めると不安がひたひたと音もなく忍び寄る。

 

昨晩は、そんな心細さのなかで、こんなとき、おともだちが私の手を握ってくれていればなあ…と思って、それは実際無理だけど、こころのなかでならば、と想像した。

 

私の手を離さないで、しっかり握っていて、と。私もそうするし、と。

 

 

 

 

 

 

 

私は誰からも忘れられた存在。”おともだち”からさえも。

最近は早く寝るのだが、午後8時に急に電話で起こされて、母がホームで脳梗塞で倒れて救急搬送されたとのこと。びっくりした。

 

私が引き起こしたことではないけれど、夕方、札幌で前住んでいたあたりを、ストリートビューとかで見ていたから…?

 

そんなことはないとは思うけれど。

 

今の生活があまりに苛酷なので、もう早くあちらへ行ってほしいとこころのなかで言っていたときに、草津白根の噴火があったりして、ちょっと怖い。

 

夢もさすがに、こんな予告や予兆は今日はしていなかったはずなのに…。