昨日、最後まで選んで残しておいた年賀状や名刺など、そんなにたくさんではないのだが、を断裁して、捨てることにした。そういった表に出るような仕事は多分もうすることがないだろうし、最新で5年ぐらい前のものなので、その間連絡も絶えているわけだし、と。

 

でも、夢はちょっと保留をつけたようで、親に頼らないでいられるリソースを手放していいのか?みたいな言い方をした。そうか、と思い、もう一度レスキューしようかと思ってもみたのだが、夢は多様なあり方を見せるのか、一方で、「小」という文字を示して、どうしても避けたい人物が寄ってこないように、なるべく目立たなくするのがいい、という言い方をした。

 

毎度のことだが、混乱してしまったが、もし必要になれば連絡先などだいたい調べればわかるひとたちなので構わないだろうし、そもそもがそれを使ってどれぐらいのことができるだろうか、という気持ちもあるし、その気もないわけである。

 

それで、家にはシュレッダーがないので、さらに細かくして(時間がかかった)、火曜日のゴミの日に出すことにした。

 

この処分のなかで一番重要なのが、祖父が書いた私の命名の紙である。この名前が、

どうもいろいろなものを呼び寄せているようなのだ。妹は、この熟語の下のほうが

名前である。ある意味、代替可能なのだ。

 

私は自分の名前の文字が嫌いなので、別の漢字をあてたり、最近はひらがなに開いて使っている。

 

このあいだ書いた不気味な夢のあれこれを操っているのは、実はこの「命名者」であることを最近知った。私に寄ってくる不気味な男を追い払えないのかと夢で尋ねると、

「おなまえ」「おなまえ」「おなまえ」と三回言ったのであった。

 

不気味な男の名前は祖父の名前に、漢字を違えた「仁」をつけたものである。畏れおおく文字違いにしたのだろうが、意図は明白である。

 

これらのことを夢から知った私は不愉快でたまらなく、いまだに影響力を命名によって行使している祖父(血縁はないが)が腹立たしくてたまらない。

 

今度は、母が無意識にこの男を呼び寄せているような、ひどいできごとがあった日に、この男除けのつもりで、おともだちの勾玉を掛けて就寝したら、安全どころか、夜中に首が紐で締めたように真っ赤に腫れ上がったので、すぐにはずした。

 

おともだちからかけてもらった勾玉はもはや「仁」側のシンボルとなってしまったのか、この男に関わっての、私の運命を暗示する「締める」ものになってしまっていたのは本当に恐怖だった。

 

これは現実界で起こったことではないはずなのだが、夢がいうには、このことは不可逆的なので、以後、Vネックラインになるもの、ネックレスとか着物、洋服でもそういう襟元のラインものを着てはいけない、と。同形のものが、「締めること」を呼び寄せてしまうということらしい。

 

何も実際にはしていないのに、そんなことがあるのか…と思うのだが、危ないことはしないにこしたことはない。

 

祖父は今は零落し切った(自業自得なのだが)この内孫、自分のいわば分身を、私の力を借りて再興させようとしているようである。霊界のことは私にはわからないが、そういう影響力というものがあるのだろうかと、半信半疑でもある。しかし、夢が告げるのは、荒んだ男の暴力によって、私が死ぬという悲惨な結果がある。

 

私は思いっきりの力と祓言葉をとなえながら、命名紙を細かく切った。運命を断ち切るように。

最近はなるべく熟慮して行動するようにしているのだが、昨日ホテルに逃避した件については、昨晩また別の夢を見て、「ああ、解釈が間違っていた」と気付いた。

 

先を見越した夢の案内人が、私が逃避するだろうことを「警告」したものだったのだ。

ところが、鍵とか郵便受けとかディテールが幾分不明確だったので、そこに隠れれば安全だ、と思ってしまったのだった。

 

そうではなくて、むしろ、親戚などが探し回ったりする危険を避けるために、私の「意識」が場所を移動する方向へ浮遊していて、そういうことはダメという戒めなのに、逆にとってしまっていた。

 

敷衍すれば、おそらく、そういう行動が、芳しくない状況、たとえば探し廻られるとかを逆に招いてしまう、ということなのかもしれない。

 

夢は普通の時系列とは違うので、原因と結果、どちらなのかよくわからなかったりする。

 

間違いに気づいて、今朝、今後の予約をキャンセルして、家に帰った。早朝に連絡したので、幸いにもキャンセル料金は発生しなかった。

 

もちろん意識だけがすべての事象を決めたり起こしたりするわけではない。けれど、

自分では捨てたつもりでも無意識のなかに残っていたり、過去に思ったり、考えたりしたことが、案外今現在にも影響を及ぼしているのかな、と思ったりした。

 

名前やら、場所もそれなりの磁場を持っているようで、干渉してくることがあり、いろんなものを上手によけながら暮らしている今の生活があるが、気づかないこともあり、なかなか難しい。

 

昔のひとが方違えとか、暦にこだわっていたことにも、それなりの意味があったことを今更のように思ったり。

 

過去の日記からすると、おともだちとのあいだにクライシスが発生するのは、「8」の日。「5」もそれに準じていることに、最近気づいて驚いた。先週は実際、5から8まで、大変なことがたくさん雪崩のように起こり、9日まで続いた。どうも数秘術などと関係があるようだが…。そんなことがあるのか、と最初は半信半疑だったが。

 

 

 

 

 

今朝は、猫たちが闘争している夢を見た。相続問題らしい。おとといぐらいも、親戚の某女が母をホームから出してここの団地のエレベーターのある棟に移動させるアレンジをするという、夢も見ていた。なんだろうと、その時は、半信半疑だったのだが。今日の夢では、この一連の騒動により、母がハサミでおともだちと私の絆を断ち切るというものだった。

 

従姉妹たちは皆、妹のエージェントみたいなもので、妹は私や母がどうしているかなどは興味がなく、ただ家を売却したお金の相続のためだけに、居所や去就を知りたいのである。

 

はっきりしないが、以前のマンションの母の友人が、住所を教えたのかもしれない。

 

母から離れたくて、しばらく前、母を京都に移そうと、妹に連絡(不在だったが)して

電話番号(市まではわかるから)を知られてしまったのがよくなかった(非通知のできない昔の電話だから)。

 

私はお金がどうこうというよりは、何事にも介入してきて、金銭にも貪欲すぎるくらいの妹とコンタクトをとりたくないから、絶縁しているわけなのである。母が亡くなったたあとに法的に争うのは許容できるが、それ以前の介入、ゴタゴタは御免こうむりたい。

 

私が母に会ったりしてエネルギーを賦活させなければ、母の寿命はそれほど長くないことを私は夢で知らされている(これはかなりはっきりしている)。いわば、チョイスを差し出されたわけである。そうして、ハサミを持つ母を切り捨てるべく頑張っている(会わないこと)。母は転倒して既に脳に問題があることも、密かに夢で私は知っている。

 

これが一番よい平和的解決であって、そうでないと、私は親戚や妹によって、ホームを出された母の介護に追われて悲惨な人生を歩む未来、これも再三再四夢で見ている。

 

そのシナリオだと、「おともだち」とはもちろん切れてしまって、信じられないが、悪夢のような昔の、親戚の男があらわれて、そこに入り込み、人格破綻者であるところの彼に追い詰められて、私は自殺するという恐ろしい未来図の警告を、受けている。

 

そんな男は追い払えばいいじゃないかと思ったし、思うのだが、そうはならない何かの力が働いているようである。

 

私はもう「書く」ことは、私にとって、このように災いしかもたらさないことがわかってきたので、すっぱり断念している。

 

でも恐怖のシナリオには先があって、私が死んだあと、妹が私の小説やブログを盗んで、大成するらしい。これもかなり事細かに見せられた。

 

昨年の12月おともだちと間違い電話で長電話したときに、朝日新聞の女性がその夫とインタビューにおともだちのところにきて、というのが、実は妹なのである。おともだちは、記憶が混濁しているようで、夢と現実が入り混じった話をそのときしていたが、

それは、ある意味、私が夢で再三知らされている未来、私が死んで、その原稿(N堂殺人事件)などを妹が使うというストーリーとまったく同一だったので驚いた。

 

そのときの電話の話で、N堂のシャンデリアの赤いリボンをおともだちが家に持ち帰ったというのも、現実ではないけれど、未来の「恐ろしいシナリオ」の一部である。多分殉教者とかそういうことだと思う。おともだちが、これもそのときの電話で、君の妹に殺される夢をみた、というのは、そういうことなのではないか。殉教者を仕立てあげるというような。

 

あのときの電話では、私が、妹には何かキツネのようなものが憑依している、そういう風に体がくねっとしたのを見たと言ったら、おともだちが、「どうしてそうなったのだろうね」と何か含みのある言い方をしたのが印象に残っている。

 

(本題から少しそれるが、おともだちとの「大旅行」で、荷物の預け先がなく、スケジュールのなかで唯一行けなかったのが、伏見稲荷大社。そして、雨が降ったのは、吉野の日だけだった)

 

夢のなかでは、妹は息子と一緒にクーデターみたいなものを考えているようで、母が死んで、次に私が死んで、その二つの黒い帽子を重ねて喪章のようにかぶり、私の水玉模様のブラウスを着て、おともだちに会いにいく、という夢も一月ほど前に見た。場所はおともだちの実家の二階でもあるような、山口県あたりでもあるような。

 

こういうふうに書くと、頭がおかしいと思われるかもしれないが、妹はよく吉野などにいっているし、入れ込んでいるので、あながち私の妄想夢とも思えない。自分ではとても考えられない手のこんだ内容だ。

 

この夢からぼんやりわかるのは、私の死後、妹はおともだちを担いで、なにか政治運動を起こし、おともだちを殉教者にまつりあげ、どうもblack widowになるようである。

 

ジャーナリストのほうと、政治家のほうが一緒なのか別なのかはよくわからない。

でも昔から、いつも私の持ち物や着るもの、研究内容などをかすめていった彼女の性格からして、「なりかわり」は十分ありうるだろう。

 

「なりかわり」イメージは再三夢でみたのだが、私はどうして妹をおともだちが選ぶのだろう、と不審に思っていた。でも、それは私が「死んでいる」ということが前提だったようだ。あるいは、学園祭の女装で入賞歴がある息子がおり、そんなツールを使うのかもしれない。

 

そのような、普通のひとは絶対に信じてくれない、私も絶対に避けたい未来みたいなものがあるようで、今の私はとにかく、「彼ら」から姿を隠す必要がある。

 

それで、今日急ぎ、この市のホテルに投宿した。一応一週間の予定だが先はわからない。住所が知られているとすれば、早晩彼らがやってくるだろう。私がいなければ、母の居所もわからないわけである。

 

父が亡くなったときの相続の揉めごとで懲りて、家を売却したお金は皆私名義になっていることも、これらを投げ出して、どこか別のところに行くことを難しくしている。

私は全部放棄してもいいぐらいに思っているが、それでも年金の金額が十分とはいえないので、仕事もしていないし、当座経済的に困るので、それも現実的ではない。

 

しかし、何より嫌なのは、その男であって、それが「運命の力」で押し出されてやってくるだけでも、生きる希望を粉々にするぐらいのものである。それはあるいは、推測だが、妹の画策によって起こるものなのかもしれないが。

 

今の私は孤立無援である。しかし、夢をはじめいろいろなものが危険を知らせてくれたり、あるいは、サジェストをしてくれる。ホテルに隠れたのもそのひとつ。外出はサングラスなしには出かけないという暮らし。

 

今までは夢というのものは半信半疑だったのだが…。あまりに激しい内容だったこともある。でもひたひたと迫る危険を感じたので、今、ここにいる。

 

夢はあるとき告げた。「すべて幼稚園で学んだはずだ」と。

 

一歳半年下の妹は、一人で家に置いておくのもかわいそうとの母の考えで、当時としては珍しく一年早く幼稚園に入り、クラスは違うのに、私の後先をついて回った。そうして、私はある日、つきまとわれたのをよけようとして、転んで椅子の角で口のそばを切って、何針も縫う大怪我をした。

 

おともだちも、そういえば、口のあたりを犬に噛まれた傷跡があったのでは。何かしら因縁めいたものがないとはいえないような…。

 

ちなみに、私の最近の夢では一貫して、犬は災いをもたらすもののシンボルとして出てきているのも、不思議である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月ぐらいの日記を読んでいたら、こんな夢の記述があった;

「悪いところを削っていたら、食べるところがなくなってしまう」という言葉を夢のなかで聞く。

 

そのときもそれなりに納得していたけれど、これまでの自分の我の強さ、我儘といったものを強く感じ、申し訳なく思った。

 

自分では決してそのつもりではなかったけれど、差し出されたものにずっと「違う」と言ってきたのではないか。

 

時計の針は戻せないけれど、去年の夏に差し出されたものの尊さを今更のように思った。

 

心から、ごめんなさい。

 

お彼岸も過ぎたのに暑い日。普段使わない時計だが、電池がきれていたので、交換に

隣の駅の時計屋さんに行く。

 

誰とも話すことがない引きこもり生活なので、唯一電話で話すのが母なのだが、今日も気分がすぐれず、ちょっとだけ話した。

 

振り返ると、母と電話している最中に、近所、あるいは沿線で人身事故が起こることがある。

 

偶然といえばそうなのだが…。

 

古い着物を脱ぎ捨てられない、しがらみのようなものか。それが「死」につながる、

象徴的、あるいは現実的に…。

 

このまま行ったら最も自分が嫌悪する状況に追い込まれてしまうということなのだろうか。今日ももいろいろ奇怪なことがあった。PCがおかしなサインを出したり…。

通信会社からのセールス自動電話なのだが、最初が無言で始まるおかしな電話だったり。

 

なにか是正すべきことがある、のだと感じる。

 

 

 

 

 

 

今日は暑いけれど、風は涼しい。

 

引きこもっていても心身ともによくないので、前の前に住んでいた界隈へちょっと行ってみた。

 

といっても、駅前あたりだけ。本当は、江戸期の冠木門がある古い邸宅のわきのだらだら坂を下りて、10分ぐらい歩かなければならなかったのだが、なんだか工事なのか、殺虫剤の匂いなのかわからないが、強烈な埃っぽい匂いがしてきたので、退散した。

 

残念。

 

今住んでいるあたりよりは都心なので空気がよくないのだろうか…。

 

まあ、それでも、少しは遠出になったので、よかったか。電車に長く乗るのも久々。

 

 

へんなひとが読みにくるが、ブロックすればおともだちも読めなくなってしまうので、

仕方がない。

 

声を聞くこともなくなって久しいけれど、だいじなひとであることは変わりない。

どうしているだろう。にゃんこ、わんこたちも。

 

金木犀が強く香り出した。秋本番の甘い香り。

 

秋口になって、咳がよく出る。

猫が原の辛夷の木の葉が黄色くなり始めて、かさかさ音を立てて舞い落ちている。

 

このあいだまでの夏はもう来年の空間へ移動してしまったのだろう。夏らしい日が少なかった奇妙な夏だった。

 

眠れない夜が明けて、たくさんの夢を見て、それをまた詳細に書き記し…。

 

おともだちが私とコンタクトをとらないのは、母のことだけでなく、私が贅沢好きのように思っているからではないかと、なんとなくだが推測する。それならそれではっきり言ってくれればよいのに…。

 

ヴェレダとかニールズヤードといった海外の製品を一部使っていたり、お取り寄せで食品を買っていることとかだろうか。

 

そもそもが安全性を考えてのものだし、ひどく高価なものではないと思うのだが。お取り寄せのほうは、当初、放射能汚染対策からはじまったものだった…。

 

そうした品物の箱が積んであって家のドアが開かないという夢を以前見た。

 

旅行するわけでもなく、文化的催しにも行かず、最近では本すら買わず、普通のひとと比べても質素な生活ではないかと思うのだが。

 

一言で言えば、時間だけはありあまるほどあるが、余裕はない生活だ。

 

あと、仕事に未練があるのも嫌なのだろうなあ、とか。

 

でも、そうしたものをすべて取り去ったら、それは私とは言えないと思うし。