さるすべり

昨日から雨模様が続き、降ったり止んだり、時々大雨になったり。まるで梅雨に逆戻りしたかのよう。

 

昨日は久々に母とお昼を食べて、去る4月に伯母が亡くなったことを告げた。大往生だったこともあり、案の定、あっさりした反応であった。

 

久々に不愉快な親戚の話などをしたためか、帰ってから尋常ではない疲れに襲われて、

8時ごろから寝てしまった

 

ごく稀にだが、白昼に見える、危険を知らせるビジョンの話をした。私は誰が何を考えているかがだいたいわかるんですよ、という、念押しでもある。

 

今朝も果てしなくたくさんの夢を見た。人は、自分が忘れているようでも、たくさんの余分な荷物を持っているのかもしれない。

 

しかし、あれもこれも捨てていった果てに、いったい何が残るのだろうか。

 

たいていのひとに、牡蠣やフジツボのようなものがまわりにびっしりついているのだろうと思う。

 

今朝、ゴミ置場に行く道すがら、ピンクの花がたくさん落ちているのに気づいた。見上げると、樹上高くに、さるすべりの花が少し残っていた。昨日の大雨で落花したのだろう。

 

おともだちに最後に会った日、御茶ノ水の聖橋口(その後閉鎖されたし、駅全体が現在大規模工事中)までの坂道にさるすべりの木が2本ぐらいあって、おともだちが、さるすべりの由来とか、そのベリーの実を水からひきあげる収穫の仕方みたいな話をしてくれたことを思い出す。

  

さるすべりのピンク色は微妙に青みがかった色で、好ましい。夏を感じさせるので、

私は大好きだ。白いのも、微妙にニュアンスのある白という感じだ。

 

 

広告を非表示にする

蛍光灯

梅雨があけて、さらに一層暑い日が続いている。

 

リビングの蛍光灯はここへきたときから備え付けのものだったのだが、昨晩、突然チカチカして蛍光管が切れた。

 

今朝、急いでスペアを買いにいって、大きなものなので自力でつけられるか不安だったが、やってみたら、大きなカバーが案外はずしやすかったので、助かった。

 

 

 さて、トランプ大統領が安倍首相夫人が英語が話せないと言ったニュースが話題になっていて、アメリカでは過去の夫人のスピーチの動画を引いて、話せないのではなく、

敢えて話さなかったのだ、という解釈をしているリベラル派のひとたちがいるというので、またさらに日本であれこれ言われている。

 

多分、トランプ大統領は最初にフロリダで会ったときに彼女が泥酔したので嫌いなのだという程度のことなのだろうと、私は思っているのだが。

 

それはともかくとして、どうして英語が話せないとしたら、そのことをいちいちあげつらわれなくてはならないのだろう。通訳だって後ろに控えていたわけであるし。

 

たしかに英語は現在たまたま「世界語」の地位にはあるけれど、アメリカ人の英語(米語)覇権主義みたいなものは、私は本当に嫌いである。

 

不思議なことに旧宗主国である英国は植民地をたくさん持っていたためか、それほど鼻につく、「英語ができないやつはだめだ」式の意識が薄いように思う。

 

日本の某女性テレビキャスターが高校時代にアメリカに留学したときに、言われた言葉をそのまま使って「あの子は英語が話せない」と題した本をずっと昔に書いていたが、

アメリカ人はじつに簡単に英語を話せない人を馬鹿にしたり、あげつらったりするところがある。

 

私もこの種の「いじわる」というか「ハラスメント」は米国人から受けたことはあるが、英国人からはないので、英米の対比は、少ないながらも経験値からいえることでもある。

 

アメリカ人がour countryというときは、どんなつまらない人間であっても、”世界に冠たる”という意識が透けてみえるので、それもいい感じはしない。

 

だいたい、ある言語ができる、ということはそんなに凄いことなのか。上達はほぼ学習時間と比例関係があるので、誰でも時間さえかければできることなのである。言語は重要だが、所詮ツールでしかないというものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

カオスの夏

一昨日は、午後からいっとき雷、大雨、強風でたいへんな日だったが、梅雨があけたとはいえ、天気は安定していないようだ。今日も暑いが、風もけっこう吹いている。

 

この夏は九州の豪雨のような(昨年は北海道だったが)天災も多いが、末期的様相を示している安倍政権の便宜供与の追求をめぐるあれこれ、トンデモ防衛大臣、さらに、

野党党首の重国籍問題など、政局も大荒れである。

 

残念なことだが、生殺与奪の権利を握っているのは、メディアという感じがする。

あれだけ安倍首相擁護の偏向報道をおこなっていたNHKがある時から、森友学園問題をまず報じ、そのころはまだ加計の問題は大手メディアには出ていなかったのだが、そのうち、あっと言う間に、加計まであげつらわれるようなった。

 

その報道のされかたを見ていて、安倍首相はもう交代だと、舵が切られたように感じた。それほど、潮目の変化はすばやく、また露骨だった。舵を切っているのが誰・何なのかは不明だが。

 

野党が政権をとっても碌なものにはならないだろうが、少なくとも、安倍首相は、こんなに「知己」を優遇していはいけなかったのだ。特権を持っているひとは、その使い方に慎重すぎるほど慎重でなくてはならないのに。

 

権力というのは、それほど人を変えてしまう怖ろしいものなのだろう。

 

アジア安全保障会議のスピーチで、自らのことをgood lookingと言った、恥ずかしい防衛相は、その昔、右派の媒体などで、たいそうな愛国者で論客のようにいわれているのを仄聞していたけれど、国会議員になる前は、おそらくもうちょっとはまともだったのではないだろうか。

 

私はオリンピックなどははなから馬鹿にしているし、不要なものだと思うが、安倍さんは、自分の在職中にやりたかったのだろうなあと思う。さらに、憲法改正も。どうしてそんなに自分の「手柄」が欲しいのか、政治家の心理は私には理解できないが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

引越し

うだるような暑さの日が続く。午後からは連日、天気が崩れて降雨や雷鳴。

 

昼食後、駅前のスーパーに行くので階段を降りたら、引っ越していった猫のおばさまのお向かいのドアが大きく開かれていて、制服姿の作業員みたいなひとたち3人ほどがせわしなく出入りしていた。入り口で掃除機をかけているひとがいたりする。

 

このお宅は私が3年前に来たころ、おじいさんとおばあさんが住んでいて、おじいさんは認知症の気があるらしく、そのうち見かけなくなった。どこか施設へ入ったのだと思う。

 

残されたおばあさんも体が丈夫でないらしく、買い物の荷物を重そうに運んでいたことがあるので、入り口あたりまで持っていくのを手伝ったことも、一、二度あった。

 

そのうち、おばあさんの姿もみかけなくなった。去年の夏より前だったと思う。

 

猫のおばさまの話では、おばあさんはやはりどこか介護施設に入ったということだった。それでも、家はそのままで、時々息子さんが来て、郵便などをチェックしていたという話だったが。

 

買い物の帰り、大きなトラックが止まっていて、巨大なゴミ袋がたくさん積み込まれていた。

 

ああ、これが最近よく言われる、一切合切まとめて処分する、「処分屋」なんだなと思った。一種の廃棄物業者で、仏壇も神棚もゴミもまとめて捨てるという話もきいたりした。多分おばあさんは亡くなったのだろう。

 

通りすがりにちらりと見えたこの家の玄関タタキはものすごく古いコンクリートのようなもので、おそらく40年前の立てられた当時のままの感じだった。この夫妻はずっとここで暮らしていたのかもしれない。出入りがあるとリノベーションするからだ。

 

息子さんにとって、きっと価値あるものは何もないとしての、業者による一括処分だったのだろうが…。最近は結構こういう依頼があると聞いた。

 

ちょっと荷物を持っただけだったが、丁寧にお礼を言って恐縮するおばあさんの、昔気質というか、ひっそりとしたたたずまいを思い出した。

 

急に階下がいっそうしんとなったみたいだ。変化の夏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

さんま

西日本や北関東では大雨が降ったりしているが、こちらは降雨があまりない、空梅雨。

これでは梅雨がもし明けても、いつが梅雨だったのかわからないのでは。

 

サンマの漁獲量が減っているらしく、ニュースでも騒がしく報道していたが、サンマは美味しいけれど、サンマがなければ他の魚を食べればいいではないかと思うのだが、秋になったらどうしてもサンマと思うひとが多いのだろうか。

 

アニサキスの害が最近喧伝されて、魚の売れ行きがひどく落ちて、魚屋さんが困っているとか。急にアニサキスが増えたわけでもなし、ニュースが流れるとこぞってそれを避けるのは、かつてのカイワレダイコンと同じ。

 

枯れた植物の鉢の土の処分に困っていた。ゴミ出しのマニュアルを見ると、土は市の処理の範疇にないらしく、専門業者に連絡するか、自分で庭などに捨てるのが原則になっているようだ。

 

こっそり生ゴミに混ぜて出そうかとか思っていたが、鉢をそのままにしていたら、乾燥して土全体が縮んでおり、処分する容量がたいそう減っていて、出しやすくなった。

自然に任せると楽になるのだなあと感慨。

 

階下の猫のおばさまが急に引っ越してしまったので、なんだかひっそり閑と静まりかえっていて、しばらくは防犯に留意している。

 

今日は午後から最大の熱中症警戒度なので、午前中はベランダをデッキブラシで掃除し、午後はゆっくり休養。

 

 

広告を非表示にする

2017.7.11

暑いが風があって助かる日。家の周りでは木々が終日ザワザワいっている。

 

久しぶりに隣の駅のデパートへ。お昼のサンドイッチを食べていたら、携帯メールで地震速報が。鹿児島で震度5強地震

 

最近は地震も、日常茶飯事で驚かなくなった。

 

旧型携帯では詳しいことはわからないので、帰宅してから調べたら、震源は10キロと浅い。最近の地震はほとんどこのタイプ。P波がないので人工地震であるとも言われている。

 

昨年の北海道、今年の九州と、日本の二大食料基地が大雨、洪水の被害に遭っている。さらに地震が。

 

消費地である首都圏では、のんびりお昼を食べているわけだが。幸い今回の地震の被害はあまりないらしい。私は食後に宇治金時のかき氷を追加。

 

外へ出ると熱波がじりじりと肌を焼いた。

 

 

広告を非表示にする

静かな日

九州は大雨の被害で大変だが、こちらでは、なにごともなく平穏な土曜日。

 

東日本大震災のあと、被曝を避けて九州に避難した知り合いが2、3いたけれど、九州がこんなに地震、水害のダブルパンチに遭うような土地柄だと、当時は誰が予測しただろう。

 

最大の被害を被った朝倉は、あの有名な「万能ネギ」の産地の朝倉だと思うが、JALで輸送する、高品質のネギとして、画期的な存在だった。流されたのは家だけでなく、畑もだと思うから、これから大変だと思う。

 

やはり、今回の大雨の被害がひどかった大分の日田は、元天領だった、水の美味しい、

落ち着いた美しい町で、一度行ったことがある。かつての天領の豊かさを感じさせる土地柄だった。

 

ここまでの異常気象はかつてはなかったことだ。

 

雨のシーズンはまだまだ続く。

 

命は助かったものの、家も家財道具もすべて流されてしまって途方にくれているひとたち。地震のほうが家財などその場に残るだけ、まだましかもしれないと思ったり。

 

 

広告を非表示にする