読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年のさくらは

f:id:amethystlady:20170410124745j:plain

 

今年の桜はとても不思議だ。開花宣言からずいぶん経って、ものすごい嵐や雨もあったにもかかわらず、まだかなり咲いている。なにしろ、たいへんな風で、ガラス戸がミシミシいう風は、ここへ来て初めて体験するものだった。

 

この団地のなかでも、落花で絨毯になっている並木道があるけれど、それでも、花が枝にしっかりついているのか、まだまだ見ごろである。「花も嵐も踏み越えて…」という歌を思い出す。なにかしら、芯の強さというものを感じさせる今年の桜。

 

嵐で落花していた枝を拾って、空きビンに挿してみた。静かに桜を眺めながら、こころ穏やかに過ごしたい。

 

いつの日か、「そういえば、あの年の桜は格別だった」と回想することになるのだろうか。

 

翁に、「この世の中」という題の、ごくごく短い詩がある。

 

「かぜに おとされる

あめに ながされる

どろに よごされる

あしに ふまれる

 

かわいい さくらのはな…」

 

 

今年の桜は、「かわいい」だけでなく、強い花だ。

何度もの嵐に耐えて可憐に咲いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする