読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lost photos

2010年の頃だったろうか、2008年に買ったMac Book Airのハードディスクが壊れてしまった。理由はよくわからないが、自分でも何を入れたのかわからなくなっていたDVDを読み込んでみたときに、おかしくなったようで、アップルストアに持って行ったら、ハードディスクを入れ替えないとダメだと言われたのだった。

 

料金は保障期間内だから無料で問題はなかったのだが、バックアップをとっていなかったために、2008年以降撮った写真の多くが、消えてしまったのだった。書類とかは別途、外付けHDを使ってコピーしてあったのだが、膨大な写真についてはほんの一部はコピーしてあったが、いずれ整理して保存しようと思っていたのが、失われてしまったのだった。

 

日常的な写真がほとんどだったが、日々の記録でもあり、また、大きなものでは、2008年にアメリカへ行ったときのものが全部失われてしまったので、すこぶる残念であった。同じ2008年でも関西旅行や北海道のは、まだウィンドウズを使っていた頃だったので、そちらに落としてあったことを発見、それだけは運よく残っていたのであった。写真がなくなると、自分のその数年が消えてしまったような気がした。

 

maciCloudができる以前から、メールなどはクラウド形式で自動的に保存されていたから、iCloudに保存するのに抵抗はなかったが、写真をあげておくというと、ちょっとセキュリティ上抵抗があったので、これまではクラウドにあげなかった。

 

一般データや設定はタイムカプセルに保存してあるので、HDが万一壊れても、すぐ復旧できるが、写真はそこには入らないので、写真のバックアップをどうするか、が大きな問題であった。

 

それで、決心してiCloudにあげることにしたのだが、ストレージの量を増やさなくてはならず、月々130円ぐらいだから、それはいいのだが、どうしても、その購入画面がうまく動いてくれないので、今日は銀座のアップルストアのジニアスバーに出かけて、相談をした。

 

ところが、驚いたことに、アドヴァイザーがあれこれのやり方を指示してくれたのに、それでも、うまくいかなかったのであった。相手はすまながって、マシーンの問題というより、ストレージ側のなにかエラーなので、また別の時間にやってみて、電話で相談するようにという回答をもらった。

 

ところが、今(よる8時ぐらい)、PCを開けてみると、課金領収書が送られていて、ちゃんと課金されていて、ストレージの量も増えている。いったいこれはなんなのだ??? 一種のタイムラグなのだろうか。

 

ストレージを増やせなかったので、写真の量をうんと減らして、別のディスクか何かに

入れようと思っていた矢先であった…。

 

コンピューターの世界は時々、奇妙なことが起こる。何度やってもアップロードできない写真があって、それを何回かやっているうちに、ライブラリーのなかの全然関係ないものが突然あらわれて驚いたこともある。それが妙に示唆的な内容でもあるので、

自分のオブセッションが呼び込んだのかと思ったり。

 

結局、ストレージは増やせたわけだが、そうするのはやめたほうがいいかな…と考えた。

 

今日は、予約の時間まで少しあったので、近所の教文館のカフェで時間をつぶした。

クリスマス用品などを売っているフロアの奥にあって、フロア自体は季節柄お客がたくさんいたが、カフェは私だけ。PCを持ち歩いて疲れたので、ホットミルクとコットンケーキ(シフォンケーキだと思う)に北海道のブリーベリーやクリームをかけたものを

食べた。

 

函館トラピストのガレットなどもメニューにあって、売ってもいるし、教文館と北海道は関係ないと思うが、「ご当地風」になっていて、妙に素人くさく、面白いところだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする