読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロニャン

ほぼ毎日やってくるシロニャン。午後になると姿をあらわし、夕方までくつろいでいく。今日はだいぶ陽が傾いてから再度やってきて、夕涼みしていた。こちらがそう思っているだけで、獲物を探しているのかも。

 

単独で行動し、堂々とくつろいでいる。independentなところは見習いたいものだ。

ひとり悠々と夕風に吹かれている。

 

シロニャンのしっぽは鍵字になっていることを発見。

 

夕方、長くなった髪を乾かしながら、ビールを飲んで枝豆をつまみ、シロニャンを眺めていた。

 

猫は幸福というもののありかたを教えてくれる。

 

f:id:amethystlady:20160729174334j:plain

 

 

 

f:id:amethystlady:20160729174309j:plain

 

 

f:id:amethystlady:20160729180048j:plain

 

 

広告を非表示にする