ワームが何を言おうと、私は「おともだち」を心底信じているのです。