処暑も過ぎて秋風立つ

暑さも峠を越えたのだろうか、朝晩が結構涼しくなってきた。昨晩などは、月明かりの森閑としたなかで、虫の声があちこちから聞こえてきていた。

 

とはいえ、昼間は蝉の大合唱である。それだけでは足らないように、時々蝉のお客さんは家のドアの前までやってきて、じっとしていて、次に見たときはもういなくなっていたりする。なんとなくだが、蝉はメッセージを持ってくるようでもある。

 

家のテーブルと椅子の高さがどうも合わないこともあって、無理がたたったのか、昨日以来、ぎっくり腰のような感じで体を曲げることができず、御殿女中みたいに板のようになって、そろそろ歩いている。ダイニングテーブルの天板の周りに袴のような5センチぐらいのボーダーがついていることが、何かと邪魔で姿勢を悪くしているように思う。

 

処分しようかと思うが、そうすると、また新しいものを買わなければならないし、費用もかかる上に、家具など大きな商品は最近は店頭になく、カタログを見て買うことになるので、今のような失敗につながるという問題もある。

 

昔は、などというと年寄りくさいが、どこの町にも家具屋さんがあって、それなりに在庫商品を置いていて、目で見てたしかめることができたのだった。つい10年ぐらい前まではまだそんなお店があったのだが、IKEAとか無印などの量販店におされて、なくなってしまったのだろう。

 

そういえば、荒物屋というのもなくなって久しいので、ずいぶん以前だが、「じょうご」を買うのに、一苦労したことがある。たまたま見つけた荒物屋にあったのだが、

そこは半分ぐらいはクワとか鎌とか農業用具も扱う、田舎風の店だった。

 

じょうろも壊れてしまったので、代わりが欲しいのだが、それもネットで買うぐらいしかなく、今は500ミリのペットボトルで代用している。

 

スダレなども、スーパーには売っているが、だいたい中国製で、安いのはよいが、軽すぎたり、壊れやすかったりで、選択の余地があまりない。

 

どうでもいいものは街にあふれているが、いざ、生活雑貨を買おうとすると、あれこれ見繕う余地もないし、それ以前に店自体がなかったりするのはとても残念なことだ。

 

 

広告を非表示にする