唯物猫

台風が去って、金木犀も落花、すっかり涼しくなった。三日月が空にかかっている。

 

しろいねこは、もっと美味しいえさがあるところに行くようになって、なんだか金色夜叉の話のようである。ねこの境涯に過剰な思い入れをしていた自分が愚かであったことを知る秋。

 

1週間ぐらいたつあいだに、けやきの葉っぱがだんだん黄色くなってきて、秋が駆け足でやってきた。

 

猫が原も、青草と落ち葉が半々ぐらいになってきた。

 

今年もあと残すところ3か月。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする