秋の決意

今朝は風にのってどこからか金木犀の香りがただよってきた。そういえば、郵便受けの傍に金木犀があるのだった。夕方たしかめてみると、金色の実が輝いていた。

 

百日紅はもう終わりかけて、青空が高く、秋の本格的到来を告げている。

 

 この香りがすると、ずっと昔の衣替えの虫干しの光景がよみがえる。昭和とともに消え去った習慣。

 

昨日、お茶会へ行く和服のひとびとに道を訊かれたが、彼女達の家ではまだ虫干しの習慣が残っているのかしら…。

 

最近はなぜか道をきかれることが多い。まだ引っ越して1年半ぐらいなのに…。地元民に見えるのだろうか。いずれにしても、転々として来た私だが、ここで根を張って暮らしていこう。

 

  金木犀 道訊くひとが 増えし秋

 

  

 

 

    

 

 

広告を非表示にする