読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自給、時給

ようやく晴れて、欅や桜の紅葉が美しい。植物の植え替えをしたいのだが、ゼラニウムも花が絶えないので、まだ待っている。防寒用のマイクロファイバーのシーツを買ったり、冬支度に忙しい。

 

過日行った、Y教会の茶飲み話で、「自給司祭」のことを、「時給司祭」と思ったおばさんがいて、大爆笑になった。当日一番のヒットネタになった。埼玉県のひとである。このことばを聞いたことがなかったのだ。

 

正教会も現在人件費が1億、収入がほぼ同値だというから、近未来には、皆、「自給」司祭にならざるをえないというのが、3年前に亡くなった慧眼のT元神父の持論だったらしいが、考えてみると、パウロも職業を持っていたし、「自給」が本来のありかたかもしれない。

 

K大の神道祭祀の先生も、親の代まで、埼玉で米をつくりながら神職をしていた、と言っていた。自分は研究者の道を選んだので、米もつくれなくて残念だ、とのことだったが。

 

正教会では「自給」輔祭は結構いることは知っていたが、現在既に、自給司祭がいることを知って驚いた。茨城か千葉あたりで塾をやって生計をたてている、というY教会のマトシカの話だった。(マトシカは美大出身というちょっと変わり種)

 

偶然だが、Y教会は2年程前に、教会墓地を購入したそうで、そこは私の乗り降りするK公園駅が最寄り駅なのであった。お彼岸の日などに多くの人が霊園行きのバスを待っていたのを見ていたけれど、そんなに近くに正教会墓地があるとは知らなかった…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする