午後から、今年1月の日記を読んでいたのだけど、だいたいが夢の記述でそれは警告だから、掘り起こすことはよくないのだろうな、と。「悪い事態」を定着させかねないので。古い警告がおともだちのところへ行ってしまったのかもしれません。ごめんなさい。

一緒の写真を去年の記事に加えました。どこかのご夫婦が撮ってくださいましたね。 http://amethyst.hatenablog.com/entry/2017/08/25/100724

昨夕から、いろいろ不快にさせてごめんなさい。決して故意ではないのです。いろんな不首尾や親族の邪念があわさって、あんなになったのだと思います。ごめんなさい。 私は「別人」を心底嫌っていて、潔白です。それは信じてください。「別人」と関わるくらい…

「某女」のネットを使ったコンタクトが最接近しているようです。2020年の日中戦争参画への道が。

「原発女」が「環境ビジネス」を携え、おともだちに近づいているようです。しつこいですけどインターネット閲覧に気をつけて!

何かおともだちを怒らせるようなことをしてしまったのでしょうか。そうだったらごめんなさい。気がつかずにとんでもないことをしていることが時々ありますから。 今日は御神籤の記事でわかるように、死に近い日なのです。ありふれた、ささいな行為が死に直結…

記事中の「事件」とは何か忘れていたので日記を見ると、その前々日に、隣りの棟で「飛び降り」があったのです。早朝の事件で、ちょうどその頃、私は墜落した夢を見ていて、とても怖いシンクロ現象だったのです。

この記事を改めて読んで、白雪姫(植物人間)にならないよう、母の宿痾の介護者にならないよう、こころしなくてはと気持ちを引き締めました。この御神籤で一番印象深かったのが「恋愛」欄で、「信頼できるひとです。安心しなさい」というもので、勇気づけら…

下書きだけで載せてないものが、今日アクセスリストの上に来ていた不思議。 http://amethyst.hatenablog.com/entry/2017/02/27/194157?_ga=2.229442588.1428416637.1496352663-1310515546.1394864172

先の記事、おともだちに誤解されかねない不適切な内容で、本当にごめんなさい。怒って当然です。ワームの「過剰な心配」を載せてしまった失敗です。気をつけますが、過去の仕事関係はすべて切れていますし、根拠は何もないのです。信じてください。

おともだちは怒っていたのでしょうか?親族や別人には決して屈服しませんから。

親族蹂躙の瀬戸際にいます。決して降伏することがないことを信じてください。「原発女」のほうへ行かないで!

某女、ネットでの仔犬譲渡関係なども接近手段としてあるようです。

「某女」の狙いにはネットでの「食品ビジネス」もあり、ネット上にレシピを載せたりするのも検索されて危険。

閲覧があってほっとしました。私も別人に鋭意気をつけます。

ずっとアクセスがありませんけど「原発女」に捕まってしまったのでは?悲惨な人生になります。気をつけて!

ワームが何を言おうと、私は「おともだち」を心底信じているのです。

なんでこんな風なのでしょう。ワームは私の将来の孤独や奴隷人生の悲惨のことばかりずっと歌っています。生活は孤独で辛く、妨害ばかりがやってきます。死にたい、と夜になると泣いてばかり。水しか飲めず、数種類のパンしか食べられない毎日。

長い文章が悪かったかどうかはわかりません。が、ケーブルの夢があった数時間のち、他の人間が読者にという通知が来ていました。これまでもあったことですが、以前の読者はスター印を残していくので、違いがわかったのですが…。

異変が起こったみたいで、ここの環境が「揺れて」います。数時間前に、電話のところに、ケーブルが差し込まれる夢を見ました。綱渡りの夢も。昨日のような内容の、長い文章を書くべきではありませんでした。

炉端

昨日の夜、本棚のノートが目について、取り出して出して読んでいたのですが。 2009年の8月の瞑想のメモみたいなものですが、そういえばそんなことがあったなあと。 行く手が三本に分かれた分岐点に私は立っていて、真ん中の道は明るくキラキラしていて…

何があったのかわかりませんが、おともだちは何か怒っているのでしょうか。いろいろ書きましたけれど、アクセスがなくて…。もちろん強要するようなことではありませんが…。いつもながら不安です。最近は「失う」ことに耐えられなくて。 3週間ほど前のことで…

昨晩は早く眠ったのですが、深夜からまたワームに起こされて、あの町(**)、**人生、貧困人生などというのを延々聞かされて…。もう分かっているから言わなくていい、と言ったのですが。ご実家の町も同様で、「電話で潰れる、電話で潰れる」と。 日本シ…

彼らの説く未来は、いい加減というわけではないのでしょうが、かなり流動的で、おともだちのあの町での人生は、3、4日前までは悠々人生と言っていたのに、昨日になって、急に貧困人生、悲惨な人生と言うようになったので、私は耳を疑いました。 先週のはじ…

携帯電話を先週解約しましたが、これが千鳥ヶ淵に沈んでいく夢が以前にありました。古いノートには赤坂見附弁慶橋から水のなかに下りていく自分がいて、禍々しい顔の男が付近にいた夢も。空になった携帯は押入れのなかですが、触っただけで「キケン、別人が…

今朝方、未来のあの町での生活をいろいろ知らされましたが、厳しいものがありました。おともだちのビジネス(仕事)も結婚も不安定であると。 しかし全体を通してみると、揺れる環境はすべて、「某女」との「接吻」が原因になっています。電話を使っての接吻…

前項では具体例があります。 おともだちは一人の女性とインターネット上で接触、電話で、原発問題に関する熱い議論となり意気投合、「秘密の結婚」に至る可能性があり、このケースは非常に強力です。 彼女の存在で、おともだちと私は別々の人生を歩むことに…

伝えられなかったメッセージの一番重要な点は以下です。 読まれるのを覚悟で公開です。伝えられないリスクのほうが大きいからです。 インターネット上での他の女性との接触に細心の注意を払ってください。すべて彼女たちの「妊娠」はおともだちの「過酷な運…

折を見て再度と思っていますが、無理かもしれません。流れることを覚悟でここに書くしかないか…と。

デンワとられて録音中断。折を見て再度。