猫が原の辛夷の木の葉が黄色くなり始めて、かさかさ音を立てて舞い落ちている。 このあいだまでの夏はもう来年の空間へ移動してしまったのだろう。夏らしい日が少なかった奇妙な夏だった。 眠れない夜が明けて、たくさんの夢を見て、それをまた詳細に書き記…

昨日も今日も、いろんな記事を書いたけれど、読まれない。 以前もそんな風なことがあったけれど。 それが積もり積もっていくと、なにがしかの恨みがましいきもちが生まれてくる。 抑えようとしても、それは感情だから難しい。もちろん、おともだちの側には読…

気持ちの悪いひとに見られるかもしれないと思うと本当にストレスで、なかなか書くことができない。それでもなんとか気をとりなおして。 今日は秋の気配のある、暑い日。まだまだ蝉が鳴いている。ツクツクホーシも時々聞こえる。 かすかに香った金木犀はたぶ…

(設定には、ブロックと許可するひと両方のブログIDが必要なので、できず、またやってきた銀蠅が鬱陶しい。銀蠅に死を!)

これ以上、私自身にはどうすることもできない。たぶん、おともだちは、私の母がまだ生きていて、近所にいたりすることが嫌なのだと思う。また、物理的に連絡は絶っているが、母がいるかぎり、妹一家の影がそこにさしていることもあるだろう。 そういうものに…

わたしはもうどうしてよいかわからない。

昨日は、自分しか見れないような設定にしてしまっていたことに、夜中にふと気づいて、慌てて、修正を入れたのだった。 夜中に気づいたのも、動悸がひどくてなんだか苦しく寝られず、クスリやレメディーを飲んで、輾転反側していたからだった。そうしたときに…

雨の日

一日雨模様の日。また、いろいろ奇妙な夢を見た。 公開範囲設定機能があることを知り、朝にブログの設定をいじって、何人かブロックをしたのはいいが、それ以外のひとは皆見られると勘違いしていて、実際は自分しか見られない仕様になってしまっていた。 さ…

最近は、私のことを知らないひとがここへいろいろ来るようになって、本来の目的を果たせていなくなっている。知らないひとに読まれるのは、ブログの性質上いたしかたない面もあるが、「ただ読み」は遠慮願いたい。

9月1日

今年の夏は、夏らしい日が本当に少なかった。今もまた台風が接近中なので、小笠原あたりでは記録的な大雨のようである。今日は関東大震災、防災の日。 一昨日ぐらいから、一気に気温が下がって涼しくなった。今日も、朝はひんやりした空気を肌で感じることが…

昼も夜も鳴り止まない耳の虫。もう四ヶ月に。

夢とメロン

今日はまた暑さがぶり返した。ぎっくり腰で歩くのに難儀するのと夏の疲れがたまったのとで、夜早くに、深い眠りに落ちてしまうのだが、今朝は不思議と夢見が少なかった。普段は数本立てなのである。 今日のは、円弧の一部、みたいなよくわからない夢だった。…

処暑も過ぎて秋風立つ

暑さも峠を越えたのだろうか、朝晩が結構涼しくなってきた。昨晩などは、月明かりの森閑としたなかで、虫の声があちこちから聞こえてきていた。 とはいえ、昼間は蝉の大合唱である。それだけでは足らないように、時々蝉のお客さんは家のドアの前までやってき…

内と外の大掃除

今日で猛暑日も最後ということだが、外にいるだけで汗がにじんでくるような、大変な暑さである。 昨日は、猫が原一帯が草刈りの日だった。機械を使うので午前中にはあらかた草原は土が見えるようになり、アカツメクサも雑草も何もかもなくなった。 午後から…

翡翠の蝉

今、これを書いているテーブルの上に、翡翠の蝉のペンダントがある。これはおともだちからの贈り物だが、とても気に入っていて、つけてないときも、デスクの上などに出してある。 つけていてもあまり目立たず、大仰でないけれど、目利きのひとにはわかる優れ…

夜のお客さん

雨模様のすっきりしない日が続く。 ここへ来た最初の年は、周りに樹木が多いせいかと思ったが、玄関口に大きな蛾がとまっていてビックリしたり、階段の踊り場や天井に小さな蛾がとまっていたものだった。 次の年にはいろいろな猫たちが入れ替わり立ち代りで…

8月15日

8月に入ってから降水のない日は皆無だという今年。ちょうど半月になるわけだが、 カラリと晴れた日がほとんどない。反対に梅雨の頃は晴れた日が多かったのだが、 まったくどうなっているのだろう。 昨日、終戦記念日は雨だった。1945年の天皇の戦争終結…

記憶喪失

このところ、割合涼しい日が続いている。お盆を過ぎると海も波が高くなり、秋の気配があちこちで感じられることだろう。残暑は厳しいとしても。そろそろ鈴虫が鳴き始める…。 このブログはおともだち宛に綴っているものだが、おともだちがどうしているかはわ…

お盆休み

そろそろお盆休みも近く、明日11日は山の日という休日で、三連休になるので、そこから続けて休むというひとたちも多いらしい。山の日というのもよくわからない休日である。海の日が最初にできたのだが、それに対応するものということだろうか。 休みになる…

立秋の台風

今日は立秋。台風は四国、近畿あたりで現在猛威をふるっており、今日の夜からはこちらも大雨になるという。すでに時々妙に暖かい風が吹いている。 洗剤を買わなければならないので、隣駅のデパートまで行った。 本当は詰め替え用でいいのだが、本体2本分な…

お墓

台風が近づいて、少し涼しい日。蟬しぐれが終日続いている。歯は当分放っておくことにした。不便ではあるが、2本ぐらいなくても結構やっていけると発見。 昨日母から急に、お墓についての電話があった。自分も教会へは行っていないが洗礼を受けているので、…

揺れる

前にいた土地へ歯の治療にいくことは、過去へ巻き戻されることでもあり、決心して 今日の予約はキャンセルした。考えても、考えても答えが出ず、ここで治療することも 差し障りが多そうな気がする。そういう夢を見たりした。 このままでいいわけではないのだ…

わたしは最近、ときどき、この世から消えることを考えるようになった。それがすごく現実に近いような感じがする。夢にも過去何度かあった。 このブログでは理性によってかろうじて抑制して書いているけれど、それは実像ではない。 なにか分からない理由で、…

虚妄

時々、妙に涼しい日だったかと思うと、翌日はまた炎熱酷暑の繰り返し。 昨日は本当に数年ぶりで、以前住んでいた沿線のTの街へ。一ヶ月前にグラグラしていた歯がついに根元だけを残して大きく欠けてしまって、2週間ぐらいたって、食べるのにも大変難儀する…

さるすべり

昨日から雨模様が続き、降ったり止んだり、時々大雨になったり。まるで梅雨に逆戻りしたかのよう。 昨日は久々に母とお昼を食べて、去る4月に伯母が亡くなったことを告げた。大往生だったこともあり、案の定、あっさりした反応であった。 久々に不愉快な親…

蛍光灯

梅雨があけて、さらに一層暑い日が続いている。 リビングの蛍光灯はここへきたときから備え付けのものだったのだが、昨晩、突然チカチカして蛍光管が切れた。 今朝、急いでスペアを買いにいって、大きなものなので自力でつけられるか不安だったが、やってみ…

カオスの夏

一昨日は、午後からいっとき雷、大雨、強風でたいへんな日だったが、梅雨があけたとはいえ、天気は安定していないようだ。今日も暑いが、風もけっこう吹いている。 この夏は九州の豪雨のような(昨年は北海道だったが)天災も多いが、末期的様相を示している…

引越し

うだるような暑さの日が続く。午後からは連日、天気が崩れて降雨や雷鳴。 昼食後、駅前のスーパーに行くので階段を降りたら、引っ越していった猫のおばさまのお向かいのドアが大きく開かれていて、制服姿の作業員みたいなひとたち3人ほどがせわしなく出入り…

さんま

西日本や北関東では大雨が降ったりしているが、こちらは降雨があまりない、空梅雨。 これでは梅雨がもし明けても、いつが梅雨だったのかわからないのでは。 サンマの漁獲量が減っているらしく、ニュースでも騒がしく報道していたが、サンマは美味しいけれど…

2017.7.11

暑いが風があって助かる日。家の周りでは木々が終日ザワザワいっている。 久しぶりに隣の駅のデパートへ。お昼のサンドイッチを食べていたら、携帯メールで地震速報が。鹿児島で震度5強の地震。 最近は地震も、日常茶飯事で驚かなくなった。 旧型携帯では詳…